個人再生後にクレジットカードを作るには?使えない間の対策も

個人再生は借金の元本を大きく減らすことができる頼もしい手続きですが、デメリットの一つとしてクレジットカードが使えなくなるという点があります。

しかし、一度個人再生を永久にクレジットカードが使えなくなるわけではなく、個人再生後にクレジットカードを作る方法はあります。

ここでは、個人再生後にクレジットカードを作る方法や、クレジットカードが使えない間の対策についてまとめていきます。

個人再生するとクレジットカードが使えなくなる

個人再生を行うと、クレジットカード会社などが加盟している「信用情報機関」に個人再生の情報が登録されて、持っているクレジットカードが使えなくなったり、新規にクレジットカードを作れなくなったりします。

これがいわゆる「ブラックリスト」の状態で、個人再生の場合は510年間続きます。

その期間が過ぎれば、再びクレジットカードの利用・作成ができるようになります。

個人再生後にクレジットカードを作る方法

個人再生から約510年が過ぎるとブラックリストが解除されますが、その際に通知などは特に来ません。

そのため、確実にクレジットカードを作りたい人は、ブラックリストが解除されたかどうかを信用情報機関に確認する必要があります。

信用情報機関には、JICCCICJBA/KSC3種類があります。

JICCCICはインターネット、郵便、窓口で、JBA/KSCは郵便のみで信用情報の確認ができますので、問い合わせてみてください。

個人再生後にクレジットカードが使えない間の対策

個人再生後のクレジットカードが使えない期間でも、デビットカードやプリペイドカードを使って不便さを軽減することが可能です。

デビットカードは支払いをするとすぐに口座からお金が引き落とされるカード、プリペイドカードはあらかじめチャージしておいた金額を支払いに利用できるカードです。

どちらもVISAJCBといったブランドのものがあり、クレジットカードと似た使用感で利用できます。

まとめ

個人再生するとブラックリストに載り、約510年間クレジットカードが使えなくなります。

その期間が過ぎればクレジットカードが作れるようになりますが、確実に作りたい場合は信用情報機関に信用情報の開示請求をしましょう。

なお、個人再生後のクレジットカードが使えない期間は、デビットカードやプリペイドカードを利用すると便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です