任意整理すると持っている車やバイクはどうなる?

「任意整理をすると車やバイクは没収されてしまう?」
「任意整理後はローンが組めない?」

任意整理をすると、財産を没収されてしまい、ローンを申し込んでも審査が通らなくなると言われています。
このことから、任意整理に関心はあるものの、不安で一歩を踏み出せずにいる方は多いでしょう。
そして、財産の中で没収されては困るものとして、車やバイクがありますね。移動手段を没収されてしまうと生活や仕事に支障をきたしてしまいますので。
そこで今回は、「任意整理をすると、車やバイクはどうなってしまうのか?」という疑問について解説させていただきます。

任意整理とは

まず最初に、「任意整理とはそもそもどのような手続きか?」について解説させていただきます。
任意整理とは、将来利息をカットし、元本のみを分割で返済するための手続きであるため、毎月の返済を楽にしたい方にとって有効な手続きであると言えますね。

任意整理は債務整理の中で最もリスクの少ない手続きです。
債務整理には任意整理以外に「個人再生」、「特定調停」、「自己破産」などがありますが、デメリットが大きいこともあり、多くの方が任意整理による手続きを選択します。

任意整理の手続きについて

任意整理は、弁護士や司法書士がカード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)と交渉し、和解を成立させます。
任意整理は、あなたとカード会社の和解を法律家(弁護士や司法書士)がサポートすることで成立させる手続きであり、裁判所は一切関与しません。
「カード会社は本当に減額に応じてくれる?」と不安に感じるかもしれませんが、大抵は応じてくれます。
理由は、あなたの借金が膨らみ、返済に行き詰ってくると、カード会社としては回収できないリスクを考え始めます。さらに、無理に追い込んでしまうと最終的に自己破産される可能性もあるため、そのような事態になるのであれば、任意整理に応じて元本を回収しようという流れになるわけです。

車やバイクを持ち続けるには任意整理が最適

車やバイクを持ち続けるには以下の条件のいずれかが必要です。
① 一括で購入しており、そもそもローンを組んでいない
② ローンを完済している
③ ローンを返済中だが、車やバイクのローンを任意整理の対象としない

① 、②の場合は、所有権が自分であるため、車やバイクを没収されることはありません。
※自己破産の場合は、20万円以上の財産は没収されてしまうため、没収されてしまう方がほとんどしょう。任意整理、特定調停、個人再生の場合は車やバイクを残すことができます。

もし、あなたが車やバイクのローンを返済中で、且つ車やバイクを手元に残しておきたいのであれば、必然的に③を選択することになりますね。

ただし、任意整理は借金の元本を減額するのではなく、将来金利をカットする手続きであるため、借金の減額効果が高くないという点がデメリットとして挙げられます。
しかし反面、自由度が高い点がメリットとして挙げられ、整理したいカード会社を選択することが可能なわけです。
例えば、消費者金融から車のローンと、カードローンをしている場合に、車のローンは今まで通り支払い続け、カードローンだけ整理するということが可能になります。

個人再生や自己破産は、借金の減額効果が高い分、整理したいカード会社を選択することができません(例外として、個人再生の場合、住宅ローンだけは整理の対象外とすることが可能です)。

例えば、あなたが車のローンを組んでいた場合に自己破産すると、車の所有権はローン会社のものになるため、原則、車は没収されてしまいます。
このことから、車やバイクを手元に残しておきたい方にとっては、任意整理を選択することがベストと言えるわけですね。

そして、もしあなたが任意整理を進めることにした場合、手続きを進める中で、車やバイクを整理の対象とするかしないかと選択することになります。
もし、車やバイクを整理の対象とすれば没収されてしまい、対象としなければ引き続き、車やバイクを所有することができます。
しかし、所有し続ける場合は、当然、車やバイクのローンも引き続き支払っていくことになりますので、ご自身の資産の状況をしっかりと見つめ直し、最適な判断を下す必要がありますね。

任意整理後は車やバイクのローンは組めない?

信用情報機関について

任意整理をした後は、その情報は「信用情報機関」という民間企業に登録されます。ここには、今までにローンを利用した方々の情報が蓄積されており、カード会社が審査をする際に利用されます。
カード会社としては、過去に問題のあった方にはできるだけ貸付を行いたくないと考えているため、リスク回避のために事前に確認するわけですね。
このことから、当然任意整理をした後は情報が登録されてしまうため、車やバイクのローンを組むことはできませんが、永久にローンが組めないわけでもありません。

任意整理後5年経過すれば車やバイクのローンを組める

もし任意整理をした場合、任意整理した情報は信用情報機関に保存されますが、永久に保存されるわけではなく、一定期間保存した後に情報は消去されます。
消去されるまでの期間は、債務整理の方法によって異なりますが、任意整理の場合は一般的には5年間とされています。
つまり、任意整理から5年経過すれば今まで通りローンが組めるようになるというわけです。
しかし、5年後に資産の状況が改善していなければ当然ローンを組むことは難しいでしょう。任意整理をした後に、しっかりと生計を立て直すことが大切と言えますね。

任意整理後に車やバイクが必要になった場合

任意整理の手続きをしたものの、その後どうしても車やバイクが必要になるということもあるでしょう。この場合は以下のような方法が考えられます。

・家族名義でローンを組む
・一括払いで購入する
・リース契約をする
・カーディーラーでカードローンを組む

家族名義でローンを組む

家族名義であれば問題なくローンを組むことができます。
例えばあなた(夫)が任意整理をした後でも、奥様の信用情報には問題がないという場合は、ローンを組むことができます。もちろん奥様以外のご家族でも問題ありません。

一括払いで購入する

一括払いで購入するのであれば、当然、信用情報は関係ありません。
新車を一括払いで購入するのはハードルが高いかもしれませんが、中古車であれば安価で購入できます。オークションなども活用すれば、さらに安価に購入することもできるかもしれませんね。

リース契約をする

リース契約は簡単に言えばレンタルですので、リース会社の車やバイクを所有する形にはなりますが、リース契約であれば車やバイクを所有できる可能性はあります。
問題は任意整理後にリース契約が組めるかという点ですが、これはケースバイケースですが、組める可能性はあると言えるでしょう。
理由は、リース会社の中には、信用情報機関に登録している会社と、していない会社があるということです。
リース契約であっても審査は行われるため、信用情報機関に登録しているリース会社の利用は難しいですが、登録していないリース会社であれば利用できる可能性があるというわけです。

カーディーラーのカードローンを組む

カーディーラーも、リース会社と同様に、信用情報機関に登録しているディーラーと、していないディーラーがあります。
もし登録していないディーラーであればローンを組める可能性があると言えますね。
しかし、例えばローンを申し込んだカーディーラーの親会社が信用情報機関に登録しており、そこから情報が伝ってローンが組めなくなるというケースも考えられます。
このことから、過度な期待はよくないと言えるでしょう。

まとめ

今回は、「任意整理をすると持っている車やバイクがどうなってしまうか?」について解説させていただきました。
※今回の内容のまとめ
・任意整理とは、将来利息をカットし、元本のみを分割で返済するための手続き
・車やバイクを持ち続けたい方にとって、任意整理は最適
・任意整理後、5年間は車やバイクのローンを組めない
・任整理後でも車やバイクを所有する方法はある

借金を抱えてしまい、債務整理を検討しているものの、車やバイクがないと困ってしまう方は多いでしょう。
そのような方は任意整理をご検討してみてはいかがでしょうか。ご不明な点があれば、お気軽に当サイトにお問い合わせください。当サイトから、あなたに最適な返済方法をご提案させていただきます。一緒に借金完済に向けて進んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です