個人再生でブラックリストに載る仕組みとは?デメリットや対策も

個人再生では借金の元本を目安として5分の1程度に減額してもらえますが、ブラックリストに載るというデメリットもあります。

ここでは、個人再生でブラックリストに載る仕組みについて解説し、具体的にどのようなデメリットを受けることになるのかをまとめたうえで、ブラックリストによる制限への対策を紹介していきます。

個人再生でブラックリストに載る仕組みとは

個人再生をすると、銀行・クレジットカード会社・消費者金融といったお金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に個人再生の情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載っている間は、信用が必要な一部の取引が制限されてしまいます。

しかし、個人再生から510が経過すれば、信用情報機関に登録されていた個人再生の情報が削除され、ブラックリストの制限も解除されます。

個人再生でブラックリストに載るデメリットとは

個人再生でブラックリストに載る具体的なデメリットとしては、まずクレジットカードが使えなくなるという点があります。新規でクレジットカードを作ることができなくなり、現在使っているクレジットカードも利用停止になってしまうのです。

また、ローンやキャッシングを利用して新規に借金をすることができません

加えて、スマホや高額な家電、パソコン用品などを購入する際に分割払いでの支払いができなくなります

個人再生でブラックリストに載っている期間の対策とは

まず、クレジットカードが使えないことへの対策として、クレジットカード払いになっている支払いをコンビニ払いや口座引き落としなどに変更しておきましょう。

また、デビットカードやプリペイドカードを作っておけば、クレジットカードの代わりに支払いに利用することが可能です。

ブラックリスト中は新規に借金をしたり分割払いでものを買ったりできなくなるので、借金に頼らず一括払いで支払いをする習慣をつける機会だと考えるようにしましょう。

まとめ

個人再生を行うと、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している信用情報機関に情報が登録され、約510年間「ブラックリスト」状態になります。

この期間は信用情報に傷が付いているため、クレジットカードの利用・作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いといった取引ができません。

対策としては、クレジットカード払いになっている支払いをコンビニ払いや口座引き落としに変更しておくこと、デビットカードやプリペイドカードを作ることなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です